忍者ブログ
プロフィール
カモノスです。
提督になったので艦隊日誌になりました(^ω^)

最新コメント
[01/24 鴨]
[12/10 まさやん]
[12/09 鎖六]
[12/09 鴨]
[11/15 まさやん]
カテゴリー
リンク
攻略用リンク
アーカイブ
ブログ内検索
AD
PR
<<   2018   02   >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28 
22 February 2018            [PR]  |   |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何度正しく読もうとしても、ふんどし作戦としか読めないこん作戦。イベントも始まったので、一射入褌!!と行きたいところですが、今日は職場のレイアウト変更でガッツリ疲れているため、明日から本気出す。

「どうして魂まで褌になっているのかしら」
「ひい!?加賀さん!」
「説明しなさい提督」
「あ、あの、褌は魂だから?」
「そう…大概にして欲しいものね」

一航戦のボコリはいつも高クオリティです。この寒いのに、執務室にブリザードが吹き荒れる恐ろしさ。まあ、それはそれとして、11/14のアプデと言えば!

「え、イベント?」
「いやいや川内ちゃん。確かにイベントもだが、今回の目玉があったじゃないか!」



潮ちゃんの改二です!!
MVP台詞の可愛さで育てていたら、いつの間にかガッチリレベリングされていた潮ちゃん。満を持して改二になりまんた。ちょっとお姉さんになった潮ちゃん可愛い。だが鉢巻は個人的に不評であります。潮ちゃんの場合、ない方が可愛いと思うのよ。



そして使用する資材量も可愛い。
今作戦で、活躍してくれそうですね。嬉しいです。

そして結構前の話になってしまいますが、この方も軽母集中育成の甲斐あって、目出度く改二になっております。



ヒャッハー!!なんかますます元気可愛いですね、ヒャッハーさん。うん、これで軽母も75オーバーが3隻に60オーバーが2隻。もう軽母不足とは言わせないぜ!!

「でも今回、そんなに軽空母の出番あるのかな」
「さあ」
「提督って基本的に軌道修正できないよね」

さて、イベントについて。連合艦隊も出撃できるし、どうやらうちの夜戦さんが喜びそうな仕様だしと、なかなか楽しみです。これで原稿がなければゆっくり楽しめるのでしょうが、既に修羅場的様相を示しているので、原稿の合間の攻略になりそう。ただ、周辺の情報では夏よりも難しくないっぽいので、なんとかなりそうですね。今回はドロップに恵まれるといいなーと思います。

と、書いた辺りで寝落ちしたようで、気づけば朝…か…。ちょっと休んでくるね。

とりあえず、イベント前の不幸の手紙とうちの子達の様子について、下に折っておきます。



先々週末に風邪っぴきになってから、散々でした。
17日の金曜日にちょっと言動がおかしい感じがしていたら、翌日ふぇぇ…身体が痛いよぉ…という憂き目に。

「提督…そんな身体で飲みに行くからですよ」
「すみません鳳翔さん。まさか風邪とは思わなくて。あれ、川内ちゃんは?」
「風邪をうつされるのは嫌だから天井裏で見守る、と言ってましたよ」
「ナンデ!?ニンジャナンデ!?」

ともかく土日は文字通り寝て過ごし、翌週もヘロンへロンで陸の業務。しかもそんな時に限って忙しかったりね。見かねた鳳翔さんにめってされちゃったので、海に出るのは最小限、演習と遠征を回すくらいでしたでしょうか。アロマ責めでようやっとライノウィルスも身体から退避しまして、なんとか復帰です。アロマ系は学生の頃に友人の影響で導入したものですが、痛みや咳には本当によく効きます。
しかし風邪なんて滅多に引かないのにねえ…。やっぱ体力が落ちてたのでしょう。完全回復したら自転車乗らないと。そしてうちの秘書艦は、いい加減天井裏から降りてくればいいと思う。

では艦隊の近況を折っておきます。



いつも以上にカオスなタイトルですが、現在のカモノス艦隊の様子をよく表しています。
久々にゆっくりと休みがとれたので、ひたすら本読みながら艦これやってた。というダメな大人の見本とも言うべき素敵な三連休でした。
いや、原稿とか手をつけようかなと思ったりもしたのです。思ったのです。ですが、相変わらずの赤疲労。一日目は結構早く寝たのにも関わらず、起きたのが昼過ぎでした。夕方から西の腐ったあの方と会う約束も会ったので、仕方なく洗濯やらなんやらしながらデイリー。しかし、ここのところずっと色々サボっていたのがつらい。親愛なるシカゴの探偵よろしく手を抜いていた家事のツケを、一気に払う羽目になってしまいました。生活に手を抜かない、というのは大事な能力だと思います。マジで。

「って言うか提督、物を元あった場所に戻さないからだよ」
「…わかってはいるよ…」
「それにさ、本溢れてるくせに仕入れるんだから、片付くわけないよねー」
「それはもう仕方ない。収納は諦めたからいいの!」

そう、執務室の本棚の前には、本によるバリケードができているのです。以前はどうにか収まるようにと取捨選択していたのですが、神◯町であまりの安さに衝動買いした宮沢賢治全集を積んでから糸が切れました。だって入らないんだもん。しかし最近、うちの秘書艦が口うるさくなってきたような気がする。川内ちゃんがおかn…いや、ないわ。

執務室のことはさておき、タイトルを一つずつクリアしていくのです!
まずは改二改二。

 

大型バルジ代表、RJちゃんを改二にしてみた。
こちらは真っ当な理由で、軽母の層を厚くするためです。ホントはヒャッハーさん行こうかと思ったのですが、レベル80って無理ゲーや…。キス島作戦成功どころか発狂してしまいます。RJちゃんは75だったので、まあいいかな、と56→75の躍進をさせてみました。それでも疲れたです…スヤァ(¦3[布団]

 

そして翌日はキャビンアテ…じゃなかった、妙高姉さんを改二に。こちらは「新型電探クエが1ページ目でチラチラしててウザい」という、いささかも真っ当ではない理由のために決行されました。

「私の改二…そんな理由だったんですか…」
「そんなことないよ。昼ドラ中破絵も見たかったし」
「……」

妙高姉さんも50からのレベル上げだったので、結構ボリュームがありました。ですが、新型電探クエのクリアと20.3センチ2号砲を持ってきてくれたので嬉しい。まあ、新型電探に関しては、またタンスの肥やしが増えただけっぽい…?という微妙な性能のような。命中が8と高いので、他の電探と併用すれば使えるかなあ(´・ω・`)

というわけで、改二艦が増えました。イベントで頑張ってくれるといいなーと思います。

あとなんだっけ、そうそう愛が大暴走のアプデです。
うちで愛が大暴走と言ったら、北上さんと大井っちもしくは瑞加賀なわけですが、今回のアプデはしゅごかった。大井っちのセリフが北上さん一色ですよ!(歓喜
もうね、ヒトハチマルマルの時報がこんな風にしか再生されない。

 

垂れてはいけないものが何か垂れているようですが、これはスパイスです。スパイス。いいね。
放置セリフも最強なので、是非皆様聞くとよいと思います。北上さん側の時報も、何気に対応してるのがGJ過ぎて鼻血が出そうでした。あと、フタフタマルマルでうるさい軽巡について言及しているのも、なんという私得! 愛されてるようちの秘書艦!!
ちなみに、提督に対しては「とりあえず雷撃」レベルがぐっと上がり、より理不尽な仕上がりになっています。素敵ですね。

ラストは喜びの舞ですね。これはアレです。運営の電文から見るに、どうやら不幸姉妹が改二になるっぽい…。どちらかか両方かはわかりませんが、不幸姉妹好きとしては完全に俺得。定点観測を参照していただければわかるように、二人とも充分練度がある!!(慢心)ということで、電文を見た瞬間歓喜した次第です。
今回のアプデは大変よいものでした。初春…?うん、今は無理です…。

そんなこんなでタイトルがカオスになりましたが、カモノス艦隊は今日も平和です(^ω^)

続きに、久々の不幸の手紙と定点観測デース。


このところ多忙を極めていたせいか赤疲労状態だったてーとくですが、金曜日の業務終了と共にようやく危険区域を脱しました。飲み会の後にラーメンなどを食し、五郎ちゃんバリに「いくらなんでも食い過ぎだ」状態になりつつ帰投。さあ、おやすみ海域に出発だ!

「提督、夜戦はー?」
「すまない川内ちゃん、明日、明日には行くから」

明日は絶対に夜戦してよね!とのブーイングを背中に受けて、スヤリスヤリと入渠。翌朝…というか翌昼までニ・ドネーさんの襲来による惰眠を貪り、疲労回復です。

出かける用事があったのですが、急になくなりのんびりとCSIなど見ながらデイリー。CSI、火サスと科捜研の女を足して2で割ったような感じで、二時間ドラマ好きにとっては大変ツボです。科捜研同様、ツッコミどころに関しては全力でスルーするのが嗜みなんじゃ。ジョージャ・フォックスが可愛いからそれでええんじゃ(^ω^)
シーズン数を調べたら予想外に多かったので、少しずつ気長に見ていくことにしましょう。

それはともかく艦隊日誌。

まあ、あれよ。やる気ってものは不意に襲ってくるんだぜ。まさに降って湧いたような衝動により、手付かずだった5−3と5−4をクリアしました。詳細という程でもないですが、折っておきます。



28 September 2014            大北ユリトピア  |  艦隊日誌  |  C:7  |
タイトルをつけたら、何やら物語の最終章のようになってしまいました。

まあある意味ゴールなわけでスタートなわけで、つまり俺たちの戦いはこれからだ的なアレで。

「提督…何言ってんの…?」
「き、北上さん」
「落ち着かないのはわかるけどさー。別に提督が主役じゃないんだし」
「これが落ち着いていられようか。あれ、大井さんは?」
「大井っち?ああ、なんか昨日の夜から物凄い勢いでトレーニングしてるんだよねー」
「…北上さんはなんでそんなに普通なの」
「ふふん。日頃の鍛え方が違うのだよ」

ここまで来ればもうお分かりと思います。



二人の残経験値数が六万を切った辺りで「100回くらいか…いける!!」と覚醒したので、3-2-1をひたすら周回。ほんま、MVPを取りやすい&燃費のいい雷巡でありがたい限りでした。まるゆ提督はどうやって…(途方

というわけで、大北無事ケッコンです。スクショ撮ったので畳んでおきます。



<<   HOME    4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14   >>
忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts