忍者ブログ
プロフィール
カモノスです。
提督になったので艦隊日誌になりました(^ω^)

最新コメント
[01/24 鴨]
[12/10 まさやん]
[12/09 鎖六]
[12/09 鴨]
[11/15 まさやん]
カテゴリー
リンク
攻略用リンク
アーカイブ
ブログ内検索
AD
PR
<<   2017   12   >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
19 December 2017            [PR]  |   |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

24 February 2008            呼び出された休日  |  日常雑記  |  TB:0  |  C:0  |
昨日友人に呼び出されました鳥です。ごきげんよう。

 や、ただ単に「空いてるなら遊べ」という指令だったのですが。まあ、午後は空いていたので了承。連絡してきたのは、11月辺りにもこのブログに登場した、シンガポール帰りのクラゲ星人。適当に待ち合わせをして、服を買いたいという彼女に随伴して参りました。しかし、話題が尽きないというか、あのクラゲといると話があっちこっちにテレポートするので、色々補完が大変です。本人は全くそう思っていないようですが……ね。困ったものだ。まあ、非常に面白い人なんですけど。
 そんなわけで、昨日は百貨店めぐり。暖かくてよかったですわ。とりあえずは、軽く昼食です。大分遅かったけどね。そこでいきなりクラゲ星人「遠くに行きたい」とか言い出す。何ですかイキナリ。

 鳥「どこに。そもそも、電車? 徒歩?」
 クラゲ「電車かな。そうだ箱根とかどうよ!」
 鳥「寒いよ」
 クラゲ「そっかー。それじゃあ……ロンドン!」
 鳥「電車じゃないのか。ていうか、明らかにロンドンのが寒い」
 クラゲ「違うの! ロンドンは好きなの!」
 鳥「……つまり、寒いと好きを天秤にかけて、好きが勝ったと」
 クラゲ「そう! 流石だね!」

 いや、褒められても。全くもって相変わらずです。つまり、総括すると「何日間か逃亡したい」という話らしいです。シンガポールにいる彼氏を迎えに行こうかとか、オーストラリアはどうかとか、アジアは虫がいすぎてダメだとか。よくしゃべる。ちなみに「虫ってそんなに気にせんでも」と言うと、わかってないとしこたま怒られました。どうやら失言だった模様。しかし、本当にテンションが高いなこいつ。
 腹を満たしたら買い物です。百貨店のフロアを適当に回っていたのですが、今年はかなり色物が優勢ですね。つか、鮮やかな緑と青がスゲー多い。かなり合わせ難そうなものがポンポン置かれていました。色自体は綺麗なんだけど……だけど。毒になりますが、また似合わなくて、更に奇抜な服装をする人が、ポンポン現れるんだろうな。そう思うと少しウンザリします。まあ、服装に無頓着な私が言えた義理ではないのかもしれませんが……。さて、そして物色し始めたクラゲ星人ですが、朱色のスプリングコートに目を留める。なんだろ、「寿」って感じの色。着物とかに使ってそうな朱色です。朱鷺の目の辺りのような感じの。そして店内に入り、今度はまたもや朱色のニットに目を留める。また朱色かよ。試着してニットだけ買入。店員さんのプレートには「小笠原」とありました。若干インパクトはありでしたが、残念ながらちょっと微妙な方でした……主にセンスが。
 そしてまた適当に見て回っていると、クラゲ星人め「お腹がすいた」と言い出す。むしろ連呼してうるさい。見回すと、丁度同じフロアにトップスのカフェがあったので、小休止を入れることにしました。「ここ、結局はチョコケーキが一番だった」というクラゲの言にふーんと思いつつ、メニューを見ると、ダークとベーシックの2種類が並んでいる。これは、半分ずつにしていく方向だな、と思った鳥さん。「どっちにすんの?」とクラゲに聞いた。これが、恐怖の扉を一瞬開けてしまうことになろうとは思いもせず……。

 クラゲ「私はダーク」
 鳥「OK、じゃあ半分ずつにしよう。ほらもいっこ……」



 クラゲ「はあ!?」


 突如として野獣の目になったクラゲ。びっくりする鳥さん。なんとなく悟る。

 鳥「いやそうじゃなくて。セット2つ頼んで、半分ずつ」
 クラゲ「ああ! てっきりケーキを半分にするのかと」
 鳥「……いやさ、最後まで話を聞こうよ」
 クラゲ「だよねー。びっくりしたよ」
 
 びっくりしたのはこっちだ。あの一瞬、彼女は明らかに鳥さんを敵と認識していたと思われる。しかし、飢えた野獣というものは、クラゲでも怖いものだ、ということを再認識した一瞬でした。喰うのも速かったよ……。そして、またフロアに出るのかと思いきや「もう達成した感じでいっぱい」とぬかしやがります。野獣の目も恐ろしかったですが、腹が満たされた瞬間に穏やかになる、というその変わり身も、かなり恐ろしいものでした(´・∀・`)
 その後は、適当に食べて適当に飲んで。昼間の暖かさは嘘のような寒さに震えながら帰宅。風強かったっつの。しかし、毎度毎度思うけど、本当に変なヤツです。鳥さんがマトモに見えちゃうみたーい☆ ……ふう。

 それにしても、今日もまた風が強くて困りますね(´・ω・`)
Name

Title

Mailadress

URL

Font Color
Normal   White
Comment

Password


<<   HOME    429  428  427  426  425  424  423  422  421  420  419   >>
忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts