忍者ブログ
プロフィール
カモノスです。
提督になったので艦隊日誌になりました(^ω^)

最新コメント
[01/24 鴨]
[12/10 まさやん]
[12/09 鎖六]
[12/09 鴨]
[11/15 まさやん]
カテゴリー
リンク
攻略用リンク
アーカイブ
ブログ内検索
AD
PR
<<   2018   10   >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
19 October 2018            [PR]  |   |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

13 October 2007            湿った感じ  |  日常雑記  |  TB:0  |  C:0  |
そんなイメージ。鳥ですごきげんよう。

 出勤途中に、なんだかじっとりした雰囲気の人がいるのです。毎日、バスで一緒になるんですが、なんだかこう、湿った感じなんだよなあと。見ていて思う。別に特異な容貌と言うわけではなく、変わった格好というわけでもないんだけど。まあ、世間一般から見れば、普通って感じの。なんだろうか、妙に目立つんですよね。その人の周りだけ、コケが生えてそうな雰囲気で。いや、だからなんだってわけじゃないんだけど。ただまあ、また今日も湿ってるなあ……なんて、俯いて座っているその人を眺めてたりします。
 そんなある日、結構バスが混んでた時のことですね。鳥さん、いつも前の方の席に座るんですが、たまたま後ろの方の座席で。ぼーっと前を見てたら、その人が降りるバス停に到着しまして。まあ、いつものことながらその人がいたんですが、混んでたバスの中、無言で人を肘で押しのけて降りてった。押しのけられた人が、たたらを踏むような勢いで、「あーあ」と思いながら苦笑。その人のじっとりした雰囲気の正体を、なんとなく垣間見た気になりましたw 一言「ごめんなさい降ります」って言えればいいのになあ……なんて。まあ、どうでもいいんだけど。

 と、まあじっとりはこの辺で。

 一昨日、仕事の関係でお役所巡りをしておりました。健康診断とか、書類揃えとか、雇用関係のことなんですけどね。しかし健康診断、大変そうだった。役所内にある診療所でやってたんですが、その日は複数の部署のを受け付けてたっぽい。人少ないのに、すっげ駆け回りながらやってた。医師も看護師も、検査技師も大わらわな様子でしたわ。
 とりあえず受け付けを済ませて、えっらい待たされる。30分くらいタイムロス。寝る……! 寝てしまうよ……!! とクライシスを感じながら待ってると、「鳥さん、どうぞー」と看護師さんの声。既に臨界点に入っていた目を開けて、身長と体重です。変わらずで安心。ただ、基礎代謝が200キロカロリーくらい減ってたのに、ちょっと凹んだ。筋肉減ってるうはん(゚∀。) そして、次に地獄の採血ですよ。いや、採血自体が別に嫌じゃないんですが。ところにより、看護師さんから怒られるのが怖い。前に献血の話題で書いた話ですが、血管が細いんですよね。だから採り難いのさ。この日も、看護師さんがちょっと当惑したように探っていました。でも優しい人に当たったらしく、「ごめんね、もうちょっとゴム(駆血帯のこと)キツくするねー」と優しく対応してくれました。怒られなくてよかった、とホッと一安心(´∀`)
 そして次に心電図。まさか心電図もとるとは。中学か高校以来、やったことねえ。大学の時は確か「やらんでいい」って言われてスルーしたし。ペタペタと吸盤をつけられ、じっと寝てる間に看護師さんは次の人の対応へ。で、戻ってきてプリントされた波形を見るんですが。眉をひそめられた。な、何……? なんかあったのか……? と、不安になる鳥さん。看護師さん、無言で紙を丸めてポイ。ちょ、捨てられた!? とりあえず恐る恐る経過を見ていると、不安げな視線に気づいたらしい。「波形が変ってわけじゃないから大丈夫よ」と声をかけてくれる。まあよかったけど。次の台詞。

 「この機械が、何かを感じ取ってるみたいなのよね」


 ……何を!?


 そして「こんなことないんだけれど」と呟く看護師さん。ちょ、そういうこと言うのおやめになったら! ネタにしたくなっちゃうじゃないか!! ネタにしちゃったじゃないか!! まあ、その後無事にとれたようですが、果たして機械が何を感じ取っていたのかは、闇の彼方です。
 その後は、視力やら聴力やら。ヒゲメガネの検査技師さんに、さっさか済ませてもらい、そこは爽やかに通過して次は放射線。まあ、レントゲンですね。ちょっと待って「鳥さん、お入り下さーい」と呼ばれて検査室へ行くとそこには


 ヒゲメガネ(゚Д゚)


 どう見ても同じ人です。本当にありがとうございました。もの凄い確率で、もし双子だったとしたら、類似レベルがハチクロの藤原兄弟です。で、よく見ると腕まくりして汗かいてる。診療所はかなりヒンヤリしていたので、これはもう、走り回った結果としか思えねー。人不足な現場、お疲れ様です("`Д´)ゞ

 そんな診療所。出ると、爽やかな秋晴れが広がっておりました。帰り道、近所の子ネコが気持ち良さそうに日向ぼっこ。写真を撮って送ってあげよう、と携帯を向けると、ちょっとだけ居ずまいを正したぬこ可愛いよぬこ。そして送られた写真は、しっかりと楽しんで頂けたようですw
Name

Title

Mailadress

URL

Font Color
Normal   White
Comment

Password


<<   HOME    271  270  307  369  267  367  366  264  263  262  261   >>
忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts