忍者ブログ
プロフィール
カモノスです。
提督になったので艦隊日誌になりました(^ω^)

最新コメント
[01/24 鴨]
[12/10 まさやん]
[12/09 鎖六]
[12/09 鴨]
[11/15 まさやん]
カテゴリー
リンク
攻略用リンク
アーカイブ
ブログ内検索
AD
PR
<<   2018   05   >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
22 May 2018            [PR]  |   |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

誰かに対する想い。

誰かからの想い。

それは苦く、あまりに甘く。

喉が焼けるくらいの、幸福の味だ。


*Click Read More.
ある、冬の日。昼下がり。

 ―ねえねえ蓉子。

 ―何?

 ―想いを食べちゃいたい、って思う時、ない?

 ―はあ? 何よ、藪から棒に。

 ―いやさ。時々、胸が潰れそうになると、こう、想いってやつを取り出して頭から食べてやりたくなるんだ。そんなことを思ったことってない?

 ―ないわ。

 ―早っ。冷たいなあよーこちゃんはー。
 
 テーブルにどたっと顔を乗せ、足をぶらぶら動かした。

 ―……聖。行儀悪いわよ。

 ―でもさ。そうすると、なんとなく楽になりそうな気がしない?

 ―さっきの、想いを食べるとかなんとかいうこと?

 ―そうそう。

 蓉子はカップを持ったまま、目線を上にずらす。そして、目を落として笑った。

 ―無理ね。

 ―えーそうかなあ。

 ―当たり前じゃない。食べるってことは、自分の中に取り入れるってことよ。

 ―……つまりよーこさんは、自分の中に存在することには変わりない、って言いたい。

 返事の代わりに、蓉子は笑った。

 ―敵わないねえ。

 聖は、頬杖をついて窓の外を見る。

 ―ところで、それって、何?

 ―……さて、なんでしょーね。秘密ー。

 外を向いたその瞳が、愛おしそうに、とても愛おしそうに細められた。

 ある、冬の日。そんな昼下がり。



―WRITTEN BY ■
Name

Title

Mailadress

URL

Font Color
Normal   White
Comment

Password


<<   HOME    418  417  416  415  414  413  412  411  410  393  392   >>
忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts